はぐくむブログ

自分にやさしくするってどんなこと?をつぶやいています。Somatic Experiencing®を中心に身体の内側からの安心をはぐくみます。

従順なコンパッション(submissive compassion)と真のコンパッション(genuine compassion)は別モノ

 今日もはぐくむブログをご訪問いただきましてありがとうございます😊

 本を読んでいて「従順なコンパッション(submissive compassion)」についての説明がとてもわかりやすくて、そしてとても大切だと思ったので紹介させてもらいます。

他人を喜ばせたい、好かれたい、拒絶されたくないなどの自己防衛的な欲求のために機能するコンパッションを従順なコンパッション(submissive compassion)と呼び、他者のニーズや他者を助けたいという欲求に焦点を当てた真のコンパッション(genuine compassion)と区別される (Catarino et ai., 2014)。人は他者から自分がどう思われているか(見下されているか)を非常に気にして、非主張的かつ従順な防衛行動をとる傾向にある (Allan & Gilbert, 1997)。つまり、非主張的なコミュニケーションをとる人は自分に対するコンパッションを持ち合わせていないだけでなく、他者へのコンパッションがあるわけでもない。この場合の非主張的であることは、他者に迎合しているだけであり、他者から疎外されたり攻撃されたりすることを恐れ、その回避行動として非主張的な反応を示していると考えることもできる。

樫村正美, (2021), コンパッションとアサーション, 精神療法増刊第8号, p124, 株式会社金剛出版

 相手にどう思われるかを気にしてやさしくしたり、従順になるのは、それは本当のコンパッションではないんだよ、ということなんですよね。

 そして、逆に従順なコンパッション(submissive compassion)を自分がしている時には、まず自分の中の恐れや痛み(嫌われたくない、仲間外れにされたくない)に気づいて、それをやわらげるところからやっていく必要があります。

 従順なコンパッション(submissive compassion)をしているのには、何か理由やそこにつながる経験をしてきているはずなので、自分を責めるんじゃなくて、自分に寄り添って恐れや不安を軽くしていくところから、ですね!

 

 

★オンラインと対面(東京)で心理カウンセリングを提供しています★

SE (Somatic Experiencing®、米国のPeter Levine博士が開発した身体と神経系の統合をベースにした安全で自然なトラウマ療法)という手法をベースに、『セルフコンパッションを高めて自己肯定感や幸福度を高めるセッション』を提供しています。
対面(新宿、高円寺、指扇(埼玉))、オンラインどちらもご利用いただけます。

attachment-treatment.jimdofree.com

怒りを相手をコントロールする手段として使うのは・・・

 今日もはぐくむブログをご訪問いただきましてありがとうございます😊

 怒りの感情は自分のテリトリーや価値観を守るために生じる大事な感情です。それなのに、怒りとつきあうのが難しいのは、怒りは「早い」&「強い」&「自分も相手も傷つけることがある」からではないでしょうか。

 怒りの感情は時として相手や環境をコントロールする手段として使われることもあります(ある意味、自分のテリトリーや価値観を守るという目的は達成されるわけですが・・・)。ただ、相手や環境をコントロールする手段として怒りを使ってしまうと、相手に怒りや不満が生まれたり、自分の中に罪悪感が生まれたりして、長期的には逆効果になりますよね。

 セルフコンパッションの学びの中では、相手や環境をコントロールする手段として怒りを使ってしまうのは、過去の環境や経験からの影響だという視点でもアプローチします。激しい怒りとして表現しないと自分のテリトリーや価値観を守れない環境にいたり、そういう経験をしてきたのだとしたら、そういう環境や経験での痛みや苦しみを癒すには何ができるのか、という考え方をします。痛みや苦しみの言い分をよく聞いて、一緒に悲しんで、なぐさめて・・。

    そして、今までとは違う表現方法を新しい選択肢の1つとして選択できるように考えていきます。

 冷静に怒る、や、おだやかに怒る、ができるようになれたらいいですよね。

 

★オンラインと対面(東京)で心理カウンセリングを提供しています★

SE (Somatic Experiencing®、米国のPeter Levine博士が開発した身体と神経系の統合をベースにした安全で自然なトラウマ療法)という手法をベースに、『セルフコンパッションを高めて自己肯定感や幸福度を高めるセッション』を提供しています。
対面(新宿、高円寺、指扇(埼玉))、オンラインどちらもご利用いただけます。

attachment-treatment.jimdofree.com

先延ばししてしまう自分を責めるときには

 今日もはぐくむブログをご訪問いただきましてありがとうございます😊

 やらなきゃいけないことがあるのに、ついつい先延ばしにしてしまう自分を責めてしまうこと、ないですか?私はちょいちょいあります(笑)

 先日、ゲッターズ飯田さんのこの言葉を読んで、こういう考え方っていいなあと思いました。

 やらなかった自分を責めるより、今やったらいいんですよね。

 今やることに意味があるんだろうか、とか余計なことは考えずに、とりあえず今できることをちょっとだけやってみる。それが3年後の自分に役立つかもしれない。

 そう思ったら、ちょっと気持ちが楽になる気がします。

 

★オンラインと対面(東京)で心理カウンセリングを提供しています★

SE (Somatic Experiencing®、米国のPeter Levine博士が開発した身体と神経系の統合をベースにした安全で自然なトラウマ療法)という手法をベースに、『セルフコンパッションを高めて自己肯定感や幸福度を高めるセッション』を提供しています。
対面(新宿、高円寺、指扇(埼玉))、オンラインどちらもご利用いただけます。

attachment-treatment.jimdofree.com

コンパッションをはぐくむのは自分をはぐくむこと

 今日もはぐくむブログをご訪問いただきましてありがとうございます😊

 私たちの中では、常にいろいろな声がしていますよね。例えば、ワイドショーでスキャンダルが報じられているのをみると「なんてけしからん奴!」と思う声があったり、「でもこんなにみんなでよってたかって非難したらちょっとかわいそう」と思う声があったり・・・。

 社会的な規範にてらしたらこうあるべき!という厳しめの声や、間違ったことをしてしまったとしてもあんまり責めたらかわいそうよ、という受容的な声は、いったいいつから私たちの中に生まれるんでしょうか?

 その説のひとつに、こんなものがあります。

 私たちが育ってくるなかで、やさしくうけとめてくれるお父さんお母さんの声や、厳しいお父さんお母さんの声を自分の中に取り入れて、厳しいときもあるけど優しく見守ったら受け止めてくれる自分のイメージを作り上げるという作業が無意識のうちに行われると言われています。

 自分が接してもらったイメージを自分の中のとりこみ、それが心の声になっていく、という考え方です。

 この作業のなかで、厳しいお父さんお母さんのイメージとやさしいお父さんお母さんのイメージがいい具合に統合できていないと、やたら厳しく自分にダメ出しする心の声ばかりがするようになってしまったり、逆に、やたら自分に甘い心の声ばかりがするようになってしまったりします。厳しい声ばかりしたら自分がつらいですし、甘い声ばかりだと社会に適合することが難しくなる可能性があります。

 コンパッションをはぐくむ作業は、自分の中の厳しい声と甘い声のバランスをとって、賢さやあたたかさのあるもう一人の自分を自分の中にはぐくむ作業だともいえます。

 

★オンラインと対面(東京)で心理カウンセリングを提供しています★

SE (Somatic Experiencing®、米国のPeter Levine博士が開発した身体と神経系の統合をベースにした安全で自然なトラウマ療法)という手法をベースに、『セルフコンパッションを高めて自己肯定感や幸福度を高めるセッション』を提供しています。
対面(新宿、高円寺、指扇(埼玉))、オンラインどちらもご利用いただけます。

attachment-treatment.jimdofree.com

ホッとする感覚を大切に

 今日もはぐくむブログをご訪問いただきましてありがとうございます😊

 最近の生活の中で、「ホッとする感覚」をどんなときに感じましたか?
  やすらぐような、ほんの少し嬉しいような、身体が少しゆるむような、身体がすこしあったかくなるような、そんなホッとする感覚です。

 セルフコンパッションの講座を受けてくださる方に比較的多いのが、ホッとする感覚を感じるのが実は苦手な方々です。

 例えば、ちょっとした空き時間ができると何かしなきゃとそわそわしてしまったり、大好きなワンコのことを思い出すと次の瞬間に「でもあの子は死んじゃった・・・」と悲しくなってしまったり、ふかふかのお布団で心地よく休むイメージをすると「明日起きられなかったらどうしよう」と不安がでてきてしまったり。

 その発想があったかー!と感心するくらい、ホッとする感覚を感じるとすぐにネガティブなイメージがでてくるんですね(笑)私も同じタイプなのでよくわかります、その感覚。

 そんな方々におすすめしているのが、ほんの一瞬だけ”悪くない”感覚を感じることを何度も何度も繰り返す方法です。

 たとえば、聞こえてくる音楽に注意を向けて、"悪くない"響きの楽器の音を探してみる、とか、"悪くない"感じがする色や形や明るさを探してみる、とか。コツをつかむまでは難しい感じがするかもしれないですが、試すだけならタダです(笑)

 

★オンラインと対面(東京)で心理カウンセリングを提供しています★

SE (Somatic Experiencing®、米国のPeter Levine博士が開発した身体と神経系の統合をベースにした安全で自然なトラウマ療法)という手法をベースに、『セルフコンパッションを高めて自己肯定感や幸福度を高めるセッション』を提供しています。
対面(新宿、高円寺、指扇(埼玉))、オンラインどちらもご利用いただけます。

attachment-treatment.jimdofree.com

クライエント様からのご感想(セルフコンパッション講座全12回のご感想)

 今日もはぐくむブログをご訪問いただきましてありがとうございます😊

 セルフコンパッション講座全12回を受けてくださったK様からご感想をいただきました。
 毎回、とても熱心に宿題もこなしてくださり、ぐんぐん理解して、ぐんぐん実践されておられる様子にこちらもびっくりするとともに、真摯に取り組む姿に私も勉強させてもらっていました。K様に救われたり癒される方が、今もこれからもたくさんいるのだろうと思います。
 そして、何よりうれしかったのがK様の「私には私がついている」という言葉です。こんな素敵な方に講座を受講してもらえて、感謝です。

<20代・女性・K様>

<セルフコンパッション講座を受講して>
ずっと心理セラピーを受けてみたいと思っていながら、なかなか自分に合うセラピーとはなにか分からずに、先延ばしにしていました。
そんな時に松浦さまとこの講座のことを知りました。HPを見て、企業でのお仕事をされていた期間が長く、かつトラウマ治療をされているセラピストさんと知りました。
マンツーマンの講座で、日々の生活に役立ちそうだなと思い、受講を決めました。
12回を終えて、生きている以上、いやなことやつらいことは避けられないけど、そういった出来事にめぐり合った時、自分自身の中に何が起こっているのか、マイナスに捉えていた自分の感情・反応が、実は自分を守るためや生きるためだったことが、少しずつ分かるようになってきました。
これまでにやり方が間違っていたり、自分が悪いのではなく、いま気づくことや学ぶことが嬉しく、講座で体験するさまざまなリラクゼーションの方法も初めてのことばかりで、本を読むだけでは実践できないことも、松浦さまの支えにより、たくさん試すことができました。
講座を通して、なかなか普段注意を向けない自分の感情とも向き合うことができました。
講座は終わってしまいましたが、「私には私がついている」といことをこれからも意識していきたいと思います。
心理セラピーと聞いてもピンとこない方も、安心安全に自分と向き合い、自身を支える術を学ぶことができるので、幅広い方におすすめします。

 

 セルフコンパッション講座の詳細はコチラ↓

 

attachment-treatment.jimdofree.com

★オンラインと対面(東京)で心理カウンセリングを提供しています★

SE (Somatic Experiencing®、米国のPeter Levine博士が開発した身体と神経系の統合をベースにした安全で自然なトラウマ療法)という手法をベースに、『セルフコンパッションを高めて自己肯定感や幸福度を高めるセッション』を提供しています。
対面(新宿、高円寺、指扇(埼玉))、オンラインどちらもご利用いただけます。

attachment-treatment.jimdofree.com

自分にはなにかおかしいところがあるから愛されない という気持ち

 今日もはぐくむブログをご訪問いただきましてありがとうございます😊

 『「人は誰でも大事にされたいし、愛されたい」という気持ちを持っていて、それはとても自然な気持ちで、大切な気持ちです。』

 という文章を読むと、なんだか心がざわっとしたり、なんかキレイごと言ってるよと批判したくなる気持ちがでてきたり、キラキラエセスピじゃないの?と避けなくなったりしませんか?

 これは、セルフコンパッションではFear of compassion(慈悲への恐れ、思いやり恐怖)と呼ばれるものです。

 Fear of compassionは、「自分にはなにかおかしいところがあるから愛されないんだ」というような深い恥の感情と関係していることが指摘されています。

 恥の感情は強烈な痛みを伴うので、恥の感情を感じること自体をさけたり、恥の感情につながるような「愛」、「やさしさ」、「あたたかさ」などもさけたりするということが、無意識に起こってしまいます。これが、冒頭の文章を読んでザワっとした心の奥底で起こっているかもしれません。

 セルフコンパッションを実践すると、この深い恥の感情がやわらいでいく効果があると言われています。

 セルフコンパッション、本当に奥が深いんです。

 

★オンラインと対面(東京)で心理カウンセリングを提供しています★

SE (Somatic Experiencing®、米国のPeter Levine博士が開発した身体と神経系の統合をベースにした安全で自然なトラウマ療法)という手法をベースに、『セルフコンパッションを高めて自己肯定感や幸福度を高めるセッション』を提供しています。
対面(新宿、高円寺、指扇(埼玉))、オンラインどちらもご利用いただけます。

attachment-treatment.jimdofree.com